日本酒

日本酒◇そしてうまい地酒たち

  酒好きを 花にたとえりゃ さくらのつぼみ
  今日も咲け、さけ、明日も酒
  日本酒が大好き。
  うまい地酒と旬のあてがあれば、
  もうたまりません。


日本酒と地酒のページ


   最近は、特に若い人たちの間で、日本酒離れが起きているそうな。
   飲めない人に無理に勧めて飲ませるようなことはしたくないけど、
   飲めない人に出会ったら、とても淋しい気持ちになります。
   「人生の喜びを半分は捨てているんじゃないのかなぁ」って。
   ま、大きなお世話かもしれませんが・・・。

   暑きにつけ、寒きにつけ、春の花見、味覚の秋
   冷やしてよし、燗してよし、はたまた常温でよし。
   日本酒こそ、世界に冠たる醸造酒だと思います。

   日本酒は季節や料理に合わせて、様々な温度でおいしく飲めるお酒です。
   私の住む近畿地方では、おつまみのことを「あて」と言うことがあります。
   これは、「相手」という意味なんだそうです。
   おつまみは、酒がメインであるのに対して、「あて」は酒と対等なんですよね。
   そんな「あて」と、うまい日本酒があれば、もう最高!!

   春はタケノコの木の芽和えを肴に、純米酒をひやで・・。
   夏はキーンと冷やした樽酒に、鮎の塩焼き、大阪泉州の水なす・・。
   秋は本醸造の燗酒に海の幸、山の幸、里の実り・・。
   冬は熱燗に鶏の水炊き、ぶたしゃぶ、カキの土手鍋・・。

   こんな風に日本人は、お酒の温度に合わせて四季の味を味わってきました。
   燗酒なら備前や志野などと徳利や盃をあれこれ選ぶのも楽しみの一つです。
   冷酒なら涼しげなガラスの酒器が似合いますが、たまには木杯やワイングラスを
   用いても楽しいものです。

   若い頃は、ただただ飲むだけでしたが、量を飲む時期も過ぎ、本当に
   うまい日本酒を味わいたいと思うようになり、このようなホーム・ページ
   を立ち上げることにしました。
   まだまだ初心者で、至らぬところも多いとは存じますが、
   どうか、おつきあい下さいませ。



    お品書き
  日本酒の種類
  日本酒の製造工程
  純米酒
  甘口と辛口
  お気に入りの地酒
  日本酒の歴史
  健康的な飲み方
  酒屋さんの選び方
  輸出への可能性
  日本酒の添加物
  日本酒に関する言葉
  ネーミングいろいろ
  日本酒用語
  バーベキュースポット
  リンク集
  プロフィール
KIRINのウォーターサーバー
赤ちゃんにも安心して飲ませられる、まろやかな富士の軟水をご家庭で。
Google
Copyright (C)  All Rights Reserved
夜スリムトマ美ちゃん980円トライアル
あの有名モデルも愛用